バックナンバー

  • 2017/10/04 (Wed) 18:41
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン10月号
  • 2017/09/06 (Wed) 12:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン9月号
  • 2017/08/02 (Wed) 12:30
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン8月号
  • 2017/07/05 (Wed) 12:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン7月号
  • 2017/06/07 (Wed) 12:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン6月号
  • 2017/05/03 (Wed) 12:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン5月号
  • 2017/04/05 (Wed) 16:30
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン4月号
  • 2017/03/01 (Wed) 12:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン3月号
  • 2017/02/01 (Wed) 12:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン2月号
  • 2017/01/04 (Wed) 12:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン1月号
  • 2016/12/07 (Wed) 12:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン12月号
  • 2016/11/02 (Wed) 12:40
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン11月号
  • 2016/10/06 (Thu) 12:30
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン10月号
  • 2016/09/07 (Wed) 12:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン9月号
  • 2016/08/03 (Wed) 12:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン8月号
  • 2016/07/08 (Fri) 14:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン7月号
  • 2016/06/01 (Wed) 12:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン6月号
  • 2016/05/04 (Wed) 12:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン5月号
  • 2016/04/07 (Thu) 13:30
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン4月号
  • 2016/03/02 (Wed) 14:15
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン3月号
  • 2016/02/03 (Wed) 12:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン2月号
  • 2016/01/06 (Wed) 12:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン1月号
  • 2015/12/02 (Wed) 12:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン12月号
  • 2015/11/04 (Wed) 12:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン11月号
  • 2015/10/07 (Wed) 12:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン10月号
  • 2015/09/02 (Wed) 12:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン9月号
  • 2015/08/05 (Wed) 12:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン8月号
  • 2015/07/01 (Wed) 12:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン7月号
  • 2015/06/08 (Mon) 15:23
    【訂正のお詫び】国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン6月号
  • 2015/06/03 (Wed) 12:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン6月号
  • 2015/05/06 (Wed) 12:00
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン5月号
  • 2015/04/01 (Wed) 16:04
    国立研究開発法人国立環境研究所メールマガジン4月号
  • 2015/03/04 (Wed) 12:00
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン3月号
  • 2015/02/04 (Wed) 12:00
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン2月号
  • 2015/01/14 (Wed) 12:00
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン1月号
  • 2014/12/17 (Wed) 12:00
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン12月号
  • 2014/11/19 (Wed) 18:52
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン11月号
  • 2014/10/22 (Wed) 17:03
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン10月号
  • 2014/09/24 (Wed) 13:30
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン9月号
  • 2014/08/27 (Wed) 16:39
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン8月号
  • 2014/07/23 (Wed) 13:05
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン7月号
  • 2014/06/25 (Wed) 19:43
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン6月号
  • 2014/05/21 (Wed) 17:51
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン5月号
  • 2014/04/23 (Wed) 15:24
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン4月号
  • 2014/03/26 (Wed) 20:11
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン3月号
  • 2014/02/19 (Wed) 14:56
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン2月号
  • 2014/02/07 (Fri) 14:05
    【2月臨時号】独立行政法人国立環境研究所メールマガジン
  • 2014/01/22 (Wed) 18:32
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン1月号
  • 2013/12/25 (Wed) 16:00
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン12月号
  • 2013/11/20 (Wed) 12:00
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン11月号
  • 2013/10/24 (Thu) 09:43
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン10月号
  • 2013/09/25 (Wed) 12:00
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン9月号
  • 2013/08/28 (Wed) 14:02
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン8月号
  • 2013/07/24 (Wed) 13:10
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン7月号
  • 2013/06/26 (Wed) 14:38
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン6月号
  • 2013/05/22 (Wed) 16:26
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン5月号
  • 2013/04/24 (Wed) 15:48
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン4月号
  • 2013/03/27 (Wed) 08:00
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン 2013年3月号
  • 2013/02/27 (Wed) 12:00
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン 2013年2月号
  • 2013/01/24 (Thu) 19:06
    【訂正・お詫び】独立行政法人国立環境研究所メールマガジン2013年1月号
  • 2013/01/23 (Wed) 08:00
    独立行政法人国立環境研究所メールマガジン 2013年1月号
  • 2012/12/26 (Wed) 08:00
    独立行政法人国立環境研究所 メールマガジン 2012年12月号

独立行政法人国立環境研究所メールマガジン2月号

2015/02/04 (Wed) 12:00
■==============================================■
     メールマガジン2015年2月号
      発行:独立行政法人国立環境研究所 企画部広報室
      メールマガジンに関するお問い合わせ: nieskoho@nies.go.jp
       ホームページ: http://www.nies.go.jp/                                 
■==============================================■
   暦の上では春を迎えましたが、まだまだ厳しい寒さが続いています。
   今月2日、「世界気象機関(WMO)が2014年の地球全体の平均気温が、記録のある1850年
  以降史上最高だったと発表をした」という発表をしました。
   今年パリで開催されるCOP21では、2020年以降の温室効果ガス排出量削減の国際的枠組みに
  ついて議論されます。温暖化対策について内外の関心が一層高まり、実効ある取組につながる
  ことを期待しています。
   それではNIESメールマガジン2月号をお届けいたします。           〈D.S〉
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -CONTENTS- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 【報道発表】
   1)過去50年間にわたる全国湖沼の漁業資源量の変化を解明:
     魚食性外来魚の侵入により資源量が減少
     http://www.nies.go.jp/whatsnew/2015/20150122/20150122.html
 【イベント情報】
   1)国立環境研究所 南相馬出前講座開催のお知らせ
     http://www.nies.go.jp/whatsnew/2015/20150202/20150202.html
 【刊行案内】
   1)オンラインマガジン環環2015年1月号
     http://www-cycle.nies.go.jp/magazine/top/201501.html
   2)国立環境研究所ニュース33巻第5号
     http://www.nies.go.jp/kanko/news/index.html
   3)地球環境研究センターニュース2015年1月号
     http://www.cger.nies.go.jp/cgernews/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 【報道発表】
   1)過去50年間にわたる全国湖沼の漁業資源量の変化を解明:
     魚食性外来魚の侵入により資源量が減少
      国立環境研究所は、農林水産省の調査によって収集・蓄積されている漁獲統計
     データを用いて、全国23湖沼における過去50年間の資源量の変化を明らかに
     しました。
      その結果、近年多くの湖沼で資源量が減少していること、また、資源量の減少や
     不安定化を引き起こす人為的な要因のうち、魚食性外来魚の侵入の影響が大きい
     ことが示されました。本研究は、湖沼の資源量の現状と傾向を定量的に明らかにした
     初めての研究であり、今後の資源管理や湖沼生態系管理に活用されることが期待さ
     れます。
      本研究成果は、2015年1月19日付けで、米国生態学会発行の学術誌
     「Ecological Applications」の先行オンライン版に掲載されました。
     http://www.nies.go.jp/whatsnew/2015/20150122/20150122.html

 【イベント情報】
   1)国立環境研究所 南相馬出前講座開催のお知らせ
      国立環境研究所は、2月15日(日)に福島県南相馬市で出前講座を開催します。
     本講座では、これまで福島の復興・環境創造に向けて行ってきた災害環境研究の
     成果をご紹介するとともに、住民の方々との意見交換を行います。

       ■日  時:平成27年2月15日(日)13:00~15:30(受付12:30~)
       ■場  所:道の駅南相馬 観光交流棟ホール
             (福島県南相馬市原町区高見町2丁目30-1)
       ■参加費:無料 事前の申込は不要です
       ■お問い合せ先:国立環境研究所 福島支部準備室
               TEL:029-850-2276
     http://www.nies.go.jp/whatsnew/2015/20150202/20150202.html

 【刊行案内】
   1)オンラインマガジン環環2015年1月号
      ☆今月の特集
       ・「E-wasteリサイクルに伴う有害化学物質のゆくえ」
       ・「野焼きの煙」
       ・「E-wasteと健康の関係をしらべる」
     http://www-cycle.nies.go.jp/magazine/top/201501.html

   2)国立環境研究所ニュース33巻5号
      ☆今月の特集
       ・東シナ海環境の将来予測に向けて
       ・長江流域における汚濁負荷発生量の空間分布変動に関する研究
       ・将来の持続可能な社会を見通す  他
     http://www.nies.go.jp/kanko/news/index.html

   3)地球環境研究センターニュース2015年1月号
      ☆今月の特集
       ・CONTRAILプロジェクトがボーイング社のecoDemonstrator787フライトに参加!
       ・二酸化炭素以外の温室効果ガスにも注目
       ・観測現場発季節のたより[5]ひと味違う富士北麓の黄葉
     http://www.cger.nies.go.jp/cgernews/

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
     ☆地球環境研究センターではFacebookpageを公開しています。様々な研究成果を
      簡単にわかりやすく説明し、「今が旬」な情報を提供しています。Facebook
      のアカウントを持っていなくても閲覧できます。是非一度ご覧ください。
        https://www.facebook.com/niescger
     ★メルマガバックナンバーはこちらから
        http://e.bme.jp/bm/p/bn/list.php?i=niesmailmagazine&no=all
     ☆当メールマガジンに登録した覚えのない方、また配信が不要な方は、お手数ですが、
      下記URLより登録解除の手続きをお願いします。
        http://e.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=niesmailmagazine
     ★当メールマガジンを許可無く転載することはご遠慮願います。
     ☆当メールマガジンとは別に、最近の記者発表等をその都度お届けする
      「新着情報メール」も配信していますので、ご活用ください。
        http://www.nies.go.jp/webnews/regist.html#news
■==============================================■