バックナンバー

  • 2017/09/20 (Wed) 11:31
    困ってるズ!vol.92
  • 2017/08/30 (Wed) 18:00
    困ってるズ!vol.91
  • 2017/08/21 (Mon) 17:30
    困ってるズ!vol.90
  • 2017/08/10 (Thu) 17:30
    困ってるズ!座談会(続)
  • 2017/08/09 (Wed) 17:25
    困ってるズ!座談会
  • 2017/07/10 (Mon) 18:00
    困ってるズ!vol.89
  • 2017/07/03 (Mon) 18:00
    困ってるズ!vol.88
  • 2017/06/26 (Mon) 18:00
    困ってるズ!vol.87
  • 2017/06/20 (Tue) 17:55
    困ってるズ!vol.86
  • 2017/05/26 (Fri) 17:51
    困ってるズ!vol.85
  • 2017/04/28 (Fri) 18:00
    困ってるズ!連載コラム
  • 2017/03/22 (Wed) 18:00
    困ってるズ!連載コラム
  • 2017/02/27 (Mon) 18:00
    困ってるズ!vol.84
  • 2017/02/17 (Fri) 19:00
    困ってるズ!連載コラム
  • 2017/01/30 (Mon) 18:00
    困ってるズ!vol.83
  • 2017/01/27 (Fri) 18:00
    困ってるズ!連載コラム
  • 2016/12/02 (Fri) 18:00
    困ってるズ!vol.82
  • 2016/11/28 (Mon) 18:00
    困ってるズ!連載コラム
  • 2016/11/24 (Thu) 17:00
    困ってるズ!対談企画(後編)
  • 2016/11/22 (Tue) 18:00
    困ってるズ!対談企画(中編)
  • 2016/11/21 (Mon) 18:00
    困ってるズ!対談企画
  • 2016/11/09 (Wed) 17:30
    困ってるズ!vol.81
  • 2016/10/31 (Mon) 17:00
    困ってるズ!連載コラム
  • 2016/10/28 (Fri) 17:00
    困ってるズ!vol.80
  • 2016/10/03 (Mon) 18:00
    困ってるズ!vol.79
  • 2016/09/17 (Sat) 19:10
    困ってるズ!連載コラム
  • 2016/09/02 (Fri) 18:00
    困ってるズ!号外
  • 2016/08/26 (Fri) 18:00
    困ってるズ!vol.77
  • 2016/08/16 (Tue) 18:00
    困ってるズ!連載コラム
  • 2016/08/08 (Mon) 17:30
    困ってるズ!vol.76
  • 2016/07/27 (Wed) 18:00
    困ってるズ!号外
  • 2016/07/22 (Fri) 18:00
    困ってるズ!vol.75
  • 2016/07/15 (Fri) 18:00
    困ってるズ!応援版お試しサンプル
  • 2016/07/08 (Fri) 18:00
    困ってるズ!vol.74
  • 2016/07/01 (Fri) 18:00
    困ってるズ!応援版
  • 2016/06/18 (Sat) 18:00
    困ってるズ!応援版
  • 2016/06/10 (Fri) 18:00
    困ってるズ!vol.73
  • 2016/04/29 (Fri) 17:30
    困ってるズ!vol.72
  • 2016/02/19 (Fri) 18:00
    困ってるズ!vol.71
  • 2016/02/12 (Fri) 18:00
    困ってるズ!vol.70
  • 2016/01/29 (Fri) 18:00
    困ってるズ!vol.69
  • 2016/01/15 (Fri) 18:00
    困ってるズ!vol.68
  • 2015/12/11 (Fri) 18:00
    困ってるズ!vol.67
  • 2015/11/20 (Fri) 18:00
    困ってるズ!vol.66
  • 2015/10/17 (Sat) 13:00
    困ってるズ!vol.65
  • 2015/10/03 (Sat) 18:00
    困ってるズ!vol.64
  • 2015/09/20 (Sun) 18:00
    困ってるズ!vol.63
  • 2015/09/03 (Thu) 18:00
    困ってるズ!vol.62
  • 2015/08/20 (Thu) 18:00
    困ってるズ!vol.61
  • 2015/06/20 (Sat) 18:30
    困ってるズ!vol.59
  • 2015/05/21 (Thu) 20:00
    困ってるズ!vol.58
  • 2015/05/20 (Wed) 18:00
    困ってるズ!vol.57
  • 2015/05/11 (Mon) 18:00
    困ってるズ!vol.56
  • 2015/04/15 (Wed) 18:00
    困ってるズ!vol.55
  • 2015/03/20 (Fri) 18:00
    困ってるズ!vol.54
  • 2015/03/05 (Thu) 18:00
    困ってるズ!vol.53
  • 2015/02/20 (Fri) 18:00
    困ってるズ!vol.52
  • 2015/02/10 (Tue) 18:00
    困ってるズ!vol.51
  • 2015/01/31 (Sat) 10:00
    困ってるズ!vol.50
  • 2014/12/08 (Mon) 18:00
    困ってるズ!vol.49
  • 2014/09/30 (Tue) 18:30
    困ってるズ!vol.46
  • 2014/08/27 (Wed) 19:00
    困ってるズ!vol.45
  • 2014/07/30 (Wed) 20:01
    困ってるズ!vol.44
  • 2014/06/08 (Sun) 19:30
    困ってるズ!vol.43
  • 2014/05/26 (Mon) 19:00
    困ってるズ!vol.42
  • 2014/04/22 (Tue) 19:01
    困ってるズ!vol.41
  • 2014/03/30 (Sun) 18:00
    困ってるズ!vol.40
  • 2014/02/26 (Wed) 19:00
    困ってるズ!vol.39
  • 2013/12/29 (Sun) 19:00
    困ってるズ!vol.38
  • 2013/11/30 (Sat) 19:00
    困ってるズ!vol.37
  • 2013/10/19 (Sat) 19:00
    困ってるズ!vol.36
  • 2013/10/09 (Wed) 19:00
    困ってるズ!vol.35
  • 2013/09/29 (Sun) 18:00
    困ってるズ!vol.34
  • 2013/08/19 (Mon) 19:00
    困ってるズ!vol.33
  • 2013/07/18 (Thu) 17:00
    困ってるズ!vol.32
  • 2013/06/29 (Sat) 17:30
    困ってるズ!一周年版
  • 2013/06/16 (Sun) 19:00
    困ってるズ!vol.31
  • 2013/05/10 (Fri) 19:00
    困ってるズ!vol.30
  • 2013/04/12 (Fri) 19:00
    困ってるズ!vol.29
  • 2013/03/22 (Fri) 19:00
    困ってるズ!vol.28
  • 2013/03/15 (Fri) 19:00
    困ってるズ!vol.27
  • 2013/03/08 (Fri) 19:00
    困ってるズ!vol.26
  • 2013/02/22 (Fri) 19:00
    困ってるズ!vol.25
  • 2013/02/16 (Sat) 19:00
    困ってるズ!vol.24
  • 2013/02/08 (Fri) 19:00
    困ってるズ!vol.23
  • 2013/01/25 (Fri) 19:00
    困ってるズ!vol.22
  • 2013/01/18 (Fri) 19:00
    困ってるズ!vol.21
  • 2013/01/11 (Fri) 19:00
    困ってるズ!vol.20
  • 2012/12/20 (Thu) 19:00
    困ってるズ!vol.19
  • 2012/12/05 (Wed) 19:00
    困ってるズ!vol.17
  • 2012/11/19 (Mon) 19:00
    困ってるズ!vol.16
  • 2012/11/12 (Mon) 19:00
    困ってるズ!vol.15
  • 2012/11/05 (Mon) 19:00
    困ってるズ!vol.14

困ってるズ!連載コラム

2017/03/22 (Wed) 18:00
===============================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

困ってるズ!連載コラム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
===============================

こんにちは、困ってるズ!です。
今日は、連載『戸村サキの崖っぷちブルース~メンタルヘルスあれこれ~』第10回目をお届けします。
Twitterで感想を呟かれる際は、「#崖ブル」を忘れずに! どうぞ、お楽しみください。

===============================

皆さんこんばんは、戸村サキです。今回はずばり、家族の話をしたいと思います。困ってるズさんのみならず、家族と何かしらの問題を抱えている人にもぜひ読んでいただきたいです。では参ります。


現在私は、夫と二人で東京に住んでいます。しかしそれ以前は、地元で両親と一緒に生活していました。その頃に思っていたことを、現状と比較しながら書こうと思います。

私は精神疾患が原因でずっと働けませんでした。バイトが決まっても、最長記録は半年、最短ですと三時間で辞めたこともあります。

「私は父の稼いだお金で生かされている」

そんな、少々強迫観念じみた「呪い」のような感覚がずっとありました。

両親が、私の病状を案じ、自分たちに何ができるか考え、十八年もの間支えてくれたことに対しては、心から感謝しています。しかし、それ故に、自分で自分の生活を成立させられないことに罪悪感を抱いたり、母の何気ない振る舞いに一喜一憂してしまう面もありました。
たとえば、テストで良い結果が出た時も、母の反応が芳しくなければまったく喜べなかったり、階下でドアが乱暴に閉められる音がするだけでまるで自分が怒られているような被害妄想を抱いたり。そんな、精神的にかなり波のある生活をしていました。


私の知人には多くのメンタル系困ってるズさんがいますが、彼ら・彼女らにとっても家族というのは、やはり重要な存在です。中には親が病気を理解してくれず、辛いのに叱られたり、働けない・学校に行けないことを責められたり、といった体験を持っている人もいますし、最悪の場合ですと絶縁に至ってしまったケースも見てきました。

「家族が病気を理解してくれない」

こうした声は、これまでの困ってるズの投稿や過去のツイートでもよく見受けられます。
先に述べたように、私の家族は私を案じ、できる限りのことをしてくれ、今でもサポートしてくれているので、その意味で私は恵まれていたと思います。
では家族とまったく問題がなかったか、というと、決してそうではありませんでした。
私は、今でこそ少しは客観視できますが、母と同一化していたというか、共依存に近い状態にあったと思います。

普段は何でも話し合える仲のよい親子なのですが、「母親はいつも絶対的に正しく、私がいつも絶対的に間違っている」。そんなパワーバランスでしたから、母親に叱られて泣いて、母親に慰めてもらう、という複雑な関係にありました。
もちろん、そういった関係が健全であるとは思っていませんでしたから、共依存のような状態から脱するため、今は母からの分離を頑張っています。親にお伺いを立てず、自分自身で意思決定をし、行動に移す。私の主治医である「鼻毛先生」は、「それこそが独立だよ」と言います。

もちろん、生まれてからずっと甘え、依存していた人物から「分離」「独立」することは、とても難しいです。しかしこれも、鼻毛先生がいい方向に導いてくれています。

実家時代、自分に言い聞かせていたことがあります。
それは、「家族は自分自身ではない」ということです。
「家族」は「他者」です。
強いて言うなら、「他者」の中の「血縁者カテゴリ」のメンバーにすぎません。


その逆も、また言えることです。つまり、ケアする側の話です。
これは最近聞いた話ですが、私の母が、私を案じて当時の主治医に話を聞きに行った際、主治医はこう言ったそうです。

「お母さんは、ご自分の人生を生きてください」

この言葉は彼女に大きく響いたそうです。
「親だから、母だから、家族だから、子供・娘・家族のケアをしなければならない」という強い焦燥感から少しずつ抜け出せたと、彼女は振り返ります。 また、夫婦関係についても、同じことが言えます。
私は夫と生涯を共にすると誓って結婚しました。
付き合い始めた当時、よく「一緒に歩いて行こうね」と言い合っていました。

しかし、これもよく考えなければならないことです。
人生を一緒に歩いて行く、それはパートナーシップにおいてなかなかいい表現だと思います。

ですが、まずはお互いが自分の足で立ち、自力で前進しなければいけません。さもなくば、二人で歩くはずがおんぶにだっこになってしまい、共依存などの不健康な関係性に陥ってしまうことは自明です。

二人で歩くためには、とにかく自分が歩く努力をしなければなりません。もちろんそれを助け合うことは大切です。

ただ、私が言いたいのは、心臓を動かし足を一歩先に進めるのは「二人」の行為ではなく、自分自身の、ひとりの作業です。孤独な仕事です。それがお互いにできて初めて、「一緒に歩ける」のではないでしょうか。

この連載の第一回( https://is.gd/Mj7TmU )、第二回( https://is.gd/S9Ciuu )で書きましたが、私の夫は一年ほど前に酷い鬱状態に陥り、休職を経て復帰しましたが、つい最近再発してしまい、現在は自宅療養をしています。

お互いに体調を崩したり、やる気のでない時や、やる気はあるのに動けないことがあるので、そのときどきで元気な方が家事などをするようにしよう、と決めています。

また、愛し合う夫婦とはいえ四六時中ずっと一緒にいるのは息が詰まることもあるので、時にはひとりでカフェなどに行って書き物に集中したり、それぞれが自分の空間や時間を持てるようにしています。

ここまで書いてきたことは、要するに「自己の線引き」ですね。
家族・伴侶は、大切ですし重要ですし影響力の極めて強い存在です。しかしまずは、あなたが「ここからここまでが自分、残りは他者」という明確な線引き、言ってしまえば自分と世界の境界線を作らなければなりません。

最近は、夫の代わりに様々な事務手続きや連絡の取り次ぎなどをこなす日々です。鬱のさなかにあっては動けない、ということは、もちろん私自身よく分かっているのですが、ときどき夫に対して苛立ってしまうこともあります。でも、あまり過度に感情移入はせず、自分自身のことにも取り組むようにしています。

母親との関係に関しても同様です。血の縁は切れない、とよく言いますが、縁まで切る必要はありません。
ただ、「他者内血縁者カテゴリメンバー」と認識すれば、自分の気持ちや、家族との距離の取り方も変わるかもしれません。

では、今回はこの辺で。


戸村サキ(とむら・さき)
1983年生まれ、「哀愁のチバラキ」出身。解離性障害と鬱病を併発。回復に向かいかけた矢先に夫が不安定に。ケアしつつされつつ、書かせていただけるお仕事を募集中。過去連載に「傷の数だけ理由(ワケ)がある」( http://mess-y.com/archives/category/seriesend/kizuwake )
Twitter:@sakitrack
Facebook:https://www.facebook.com/sakitrack
Blog:「戸村サキのSUNAHAKO;」http://draftbox.blog.fc2.com/
遠藤まめた氏との対バンブログ:https://404notcured.wordpress.com

===============================

困ってるズ!

http://is.gd/QTgmu3

http://is.gd/p6z4Iq

===============================

見えない障害バッジ
http://is.gd/jVxXTr

わたしのフクシ。
http://is.gd/R3jS2R

シノドス
http://is.gd/v5VYzy

===============================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集長:大野更紗+荻上チキ
編集:大谷佳名
進行管理:久保健一郎(わたしのフクシ。)
発行:わたしのフクシ。+株式会社シノドス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
===============================